カテゴリ:お酒のはなし( 22 )
飲みました!!ワイン
e0170957_0465023.jpg

先日、ブレス鶏を使って水炊きの会を開催しました。(名古屋コーチンが間に合わず、やむをえずブレス鶏を使うことになったのですが・・・。)

この日は11月7日。当日の朝、テレビから「今日はいい鍋の日です」と聞こえてきて、
びっくり。まさに鍋日和です。

と、それはさておき、今回はオールスパークリング&シャンパンでせめてみようと、
計4本をスタンバイ。ちなみに飲み手は4人。
結局途中で1人ダウンしたので、最後の2本は3人で飲むことになりましたが・・・。

仕込みをしながらまずは1本。
(この日のメニューは、生シラス・生牡蠣・赤貝の刺身・カワハギの刺身そして、
高知県産松茸ご飯というランナップ)

さらには、牡蠣にあわせてブランドブラン。
と言う感じで、次々と空いていきます。
たまには、家飲みならではの贅沢な食材と、美味しいワインに浸るのもいいものです。

残りの2本は教室で提供したワインです。
こちらはお手頃価格で、デイリーワインにオススメ。

モンテプルチャーノ ダブルッツォ[2009]ヴェレノージ・エルコレ(写真左)
オルヴィエート・クラシコ・ヴァッレサンタ[2010]バルベラーニ(写真右)

秋も深まってきた今日この頃、ワインを飲みながら夜を過ごしてみては!!

人気ブログランキングへ ポチッと応援お願いします。


[PR]
by yoshinumay | 2011-11-13 00:59 | お酒のはなし
ビールで暑さを吹き飛ばせ~!!
e0170957_6401043.jpg

ここ数日は暑い上に湿気もあり、どうにも逃げられない状況ですね~。
毎年、こんなに暑かったかな??と・・・。

そんな時は、ビールでも飲んで暑気払いをしよう!!
ということで、いろいろな種類のビールを買ってきました。

ワインと一緒でエチケットの絵もお国柄がでていて、とっても楽しいです。
この夏はビールに凝ってみようなか・・・とひそかに計画中。

人気ブログランキングへ ポチッと応援お願いします。


[PR]
by yoshinumay | 2010-08-03 06:46 | お酒のはなし
シャンパーニュ バロン・ド・ロスチャイルド
本日、友人宅で鴨鍋パーティーを敢行!!
ということで、その前には築地へ買出しに向かいました。

Getしたのは、皮ハギとサヨリ、鴨のミンチに、大粒のアイベリー。
鴨鍋は以前にもはまったことがありましたが、やっぱり築地の鳥屋さんで買う鴨ミンチが一番美味しくできるのです。

ということで前置きが長くなりましたが、これらの食材達を合わせるのは、ワインの数々。
まずは、サヨリにすだち・皮ハギは肝とポン酢を用意して、シャンパーニュで乾杯です。

今回のチョイスは、ソムリエである友人にお任せしたのですが、用意されていたワインは全部で6本。一体どんだけ飲むんだ~ということはさて置き、その中のひとつに私が飲みたいと思っていたシャンパーニュを発見!!
e0170957_8295283.jpg


そのシャンパンとは「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド ・ブリュットNV」。
”シャトー・ムートン・ロスチャイルド”を所有するバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド、
”シャトー・ラフィット・ロスチャイルド”を保有するドメーヌ・バロン・ド・ロスチャイルド、
”シャトー・クラーク・ロスチャイルド”を保有し金融業を主に営む
バロン・エドモン・ド・ロスチャイルドの三社のロスチャイルドファミリーが、一家のこれまでの功績とロスチャイルド家の精神的価値を代表するシンボルとして、世界でも最も名声の高いワインの一つであるシャンパーニュを造ろうとジョイントベンチャーを考案。
そして、4年間の瓶内熟成を経て、昨年初リリースされたものです。

初ヴィンテージは10万本。大手メゾンの生産量は数千万本ですから、大変希少なシャンパーニュといえます。

肝心のお味はというと、非常にバランスがいいというのが最初の印象。
すーっと入っていく飲み口の中にも深みのある味わいで、とっても気に入りました。
買占めたいところですが、デイリーワインには少々お高めなのが難点。
シャンパーニュは晴れの日にとっておくことにします。

というわけで、4人で(実質飲んでいたのは3人で)、シャンパーニュ4本と赤ワイン1本を
飲み、鴨鍋の宴は終了となりました。それにしても、久しぶりに飲みすぎました。

人気ブログランキングへ ポチッと応援お願いします。


[PR]
by yoshinumay | 2010-02-08 23:34 | お酒のはなし
ポールジロー の スパークリング グレープジュース
e0170957_1912547.jpg

よくワイン販売のサイトをネットサーフィンすることがあります。
うっかり予定より買ってしまうことも多く、危険なのですけどね~(笑)

こちらもそのひとつで、一見スパークリングワインに見えますが、
実はグレープジュースという一品。
コニャックの名手である「ポールジロー」さんが、「ユニブラン」というぶどうから作った
スパークリンググレープジュースなのです。
ユニブランといえば、コニャックの原料となるブドウ品種であり、これをそのまま絞って無添加のジュースを造っているのです。

私は今年初めて頂いたのですが、ジュースなのにヴィンテージも入っていて、
ワインの出来が収穫年によって違うのと一緒で、毎年お味の違いも楽しめるようです。

今年はここ3年間のうちでは、天候にもめぐまれいい出来栄えだそう。

e0170957_1913542.jpg

さっそく飲んでみると、濃厚な味わいで、嫌味のない自然な甘みと酸味のバランスがよく、
後味すっきり!!
もちろんアルコールは入っていないのですが、ワイングラスに注いで飲んでいると、
なんとなくワインを飲んでいるような気分になってきます。

これは、くせになりそうです。
シャンパンのように、コルクで栓がしてあって、見た目もかわいいし、毎年購入しようかと思っています。お土産やプレゼントにも喜ばれそうですよね。

限定の商品のようですので、気になる方はお早めの購入をオススメしま~す。

Banner_01_6 ポチッと応援お願いします。


[PR]
by yoshinumay | 2010-01-25 19:38 | お酒のはなし
バースデーヴィンテーージ
e0170957_0271814.jpg

バースデーヴィンテージって、魅かれるものがありますよね。
といっても、自分の生まれ年のワインはもう恐ろしくて買う勇気もありませんが・・・(笑)

こちらは、甥達のバースデーヴィンテージワインです。
長男が誕生した時に、ふと思いたって購入したのですが、最初に買ってしまうとその後もなんとなく買わずにはいられなくなり、この度めでたく3本揃ったのであります。

できれば、甥達が成人した時にいっしょに飲むことができたらと思いますが、
おそらく無理な話でしょうね。

それぞれ、個性が違う3人の甥達と同じように、この3本のワインがどんな風に熟成されてそれぞれの味をたのしませてくれるのでしょう。
20年後を楽しみに、大事に寝かせておくつもりです。

Banner_01_6 ポチッと応援お願いします。


[PR]
by yoshinumay | 2010-01-23 00:39 | お酒のはなし
白百合醸造”ロリアン勝沼甲州(2008年収穫)”
e0170957_22243960.jpg


先日、友人宅にお邪魔するにあたって、何かワインを・・・、我が家の小さなワインセラーを
物色していると、頂いた甲州ワインが目に止まりました。

鍋をすることはわかっていたので、きっとこれなら合うだろうと手にとったワインは、
”白百合醸造”の”ロリアン勝沼甲州(2008年収穫)”です。

このワインを飲んだことはなかったのですが、あわせるなら”みぞれ鍋”がいいかな~って
思っていたら、本当にみぞれ鍋だったのにはびっくり!!

友人とはよくこういう出来事に遭遇することが多いのですが・・・。

というわけで、ビールを軽く3本飲んだあとにワインに突入したのですが、
期待通り、いやそれ以上においしかったです!!日本酒のような香りなのですが、奥行きのある味わいと酸味のバランスが鍋によく合いました。

Iさん、ありがとうございます。
美味しく頂きましたよ~。


Banner_01_6 ポチッと応援お願いします。


[PR]
by yoshinumay | 2010-01-18 22:25 | お酒のはなし
"Franciacorta Saten 2005 /Enrico Gatti"
e0170957_230182.jpg

怒涛の忙しさである12月もようやく乗り切ることができ、本日で仕事納めとなりました。
ということで、最後の締めはスプマンテで乾杯をすることに・・・。
ていうか、ただ飲みたいだけなのですが。(笑)
e0170957_2304344.jpg

選んだのは、こちらの "Franciacorta Saten 2005 / Enriko Gatti "。
エンリコガッティはフランチャコルタでもっとも勢いのある生産者だそうで、
このサテンは3年連続トレ・ビッキエーリを獲得しています。

色は黄色味がかかっていて、シャルドネ100%のすっきりとした味わいの中にも、
奥深さを感じます。

たしかに美味しいのですが、やっぱりシャンパーニュには勝てないと思うのでは私だけでしょうか?

Banner_01_6 ポチッと応援お願いします。


[PR]
by yoshinumay | 2009-12-30 22:59 | お酒のはなし
造り酒屋の梅酒
e0170957_19504128.jpg


先日、新潟からやってきた友人に梅酒を頂いた。
新潟で梅酒??と思って聞いてみると、造り酒屋が作ったものだとのこと。

さっそくロックで頂いてみると、すっきりとした甘みと味わいで美味しい。
私の知っている梅酒とは一味違う味だな・・・と思っていました。

その後、数日たってからこの梅酒について調べてみると、造り酒屋が仕込んでいるだけあって、青梅を日本酒に漬け込んで作ったものだということが判明。
しかも佐渡特産の藤五郎という梅を手作業で磨き、梅酒専用の日本酒を作って仕込んでいるのだそう。
なるほど、一味違うのはその為だったのか・・・と納得!!
ラベルもかわいいので、贈り物にも喜ばれそうです。



人気ブログランキングへ ポチッと応援お願いします。


[PR]
by yoshinumay | 2009-08-18 11:41 | お酒のはなし
”グリーン”のワイン
e0170957_20194017.jpg

最近、面白い記事を見かけました。
ニューヨークでのあるレストランのソムリエは、ワインを選ぶ時に白、赤?それとも”グリーン”にする?という聞き方をしているそうです。

この記事を見たときに、あれっ?このワインはこの前飲んだワインでは・・・と思い、冷蔵庫を覗いてみました。
あるではないですか!!
初めて飲んだワインだったので、ボトルごと取っておいたのです。

”グリーン”のワインというだけあって、たしかにボトル全体もグリーンを使ったデザインです。
まあ、これはワイナリーによるのでしょうが・・・。

e0170957_2020517.jpg

そのワインの正体はオーストリーの”グリュナー・ヴェルトリーナー”。
舌をかみそうな名前ですが、オーストリーの代表品種です。
ブドウの色もワインボトルのようなきれいなグリーン色をしていることから、そんな風に呼ばれるのでしょうね。

ミネラル感たっぷりで、なおかつ柑橘系の香りを持つこのワインは、冷涼な地域のワインならではの味わいを楽しむことができます。
和食との相性がよさそう。

話は変わりますが、”オーストリア”は2006年から国名表記を”オーストリー”に変更しているそうです。
私も最近ワインの勉強をしていて知ったのですが・・・。

勧められて飲んでみたワインの話を偶然にも見つけて、思わず嬉しくなってしまいました。

人気ブログランキングへ ポチッと応援お願いします。


[PR]
by yoshinumay | 2009-03-16 11:46 | お酒のはなし
ヴァン ショー
e0170957_2032836.jpg


毎日寒い日が続いています。
そんな時に冷え切った体を温めてくれるのが、このホットワイン。
でもこのホットワインという呼び方は和製英語だそう。
詳しくはこちらをご覧いただくとして、最近これにハマっています。

きっかけは、フランスアルザス地方のストラスブールという街を知ることから始まったのですが、この街はもみの木の発祥の地でもあり、クリスマスのマーケットが有名だそう。
寒さ厳しい時期のマーケットではホットワインが売られているそうで、これがまた美味しそうだったのです。

そこで、作り方をいろいろと調べてみたところ、ほとんどの材料が家にあるではありませんか!!
さっそく材料をきり、漬け込みを開始。ここからフルーツの香りが移るまで待つこと1週間・・・。となるはずでしたが、待ち切れずに2日目にしてグビグビと飲み始めてしまいました。
生姜やクローブなどのスパイスも効いて、飲み終わる頃には体もポカポカ!!
すでに残り少なくなってきているので、早めにワインを追加しようかと思う今日この頃です。

人気ブログランキングへ ポチッと応援お願いします。


[PR]
by yoshinumay | 2009-01-26 01:33 | お酒のはなし


私が出会ったおいしいものたちを 紹介します
by yoshinumay
Calendar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30