フランス&ベルギーの旅(モンサンミッシェル)
e0170957_23114616.jpg

旅も終盤に差し掛かってきたこの日はモンサンミッシェルに行ってきました。
世界遺産でもあるこの場所には一度は行ってみたいと思っていましたが、個人でいくには大変そう。
そこで、日帰りのツアーに参加することにしました。
参加者は全て日本人で、なんだか異様な雰囲気ですが・・・。
集合は7時15分、約4時間かけてバスの窓ごしにモンサンミッシェルを見たときには、なかなかの感動でした。
天空の城ラピュタみたい!!



e0170957_23122850.jpg

ここはヨーロッパでも満干の差が一番激しいところでもあり、かつては押し寄せてくる潮に巡礼者が飲み込まれてしまうことも多かったそう。
しばらくすると、ノルマンディーのこの地方で有名な”プレサレ(仔羊)”が見えてきました。
塩分を含んだ牧草を食べた羊の肉は柔らかく、今では日本への輸入は禁止されているそうで、現地でも高級品だそうです。



e0170957_2313540.jpg


現在は堤防によって結ばれ、潮の満ち干きに関係なく訪れることができますが、その影響で今では海水にかこまれることはなくなってしまったでそうです。
駐車場の周りは流砂床になっていて、ガイドさんの話によると、時々運転を誤ったバスが埋まってしまうことがあるらしい。



e0170957_23134111.jpg

近くでみるのもいいのですが、私は遠くからポツリと浮かぶ姿をみるほうが好み!!
それにしても、よくもこんな岩山の上に修道院を建てたものです。



e0170957_23162139.jpg


いよいよ、お待ちかねのランチタイムです。
モンサンミッシェルの名物といえばオムレツ。
私達も期待に胸を膨らませて、お店の中へ・・・・。
入ってみると、中には日本人の団体ツアー客ばかり。
でてきたオムレツもテーブル単位で大きく焼かれたものがド~ンとでてくるので、お互い知らない人同士では遠慮もあり、自分のところにお皿が回ってくるころには冷めてしまっているのです。
そんなわけで、期待も大きかったせいかがっかりです。
ツアーでも食事は個人でできると理想的なのですが・・・。
でも、ノルマンディーのシードルはしっかり頼みましたけどね。(もちろん、飲み物は別会計でしっかりとられます。)



e0170957_23242087.jpg


その後、ガイドさんの説明のもと修道院を見学。
現在修行をしている修道僧もかなり少ないそうで、中の建物自体もかなり質素な作りとなっています。
この日は天気も良かったのですが、高いところにあるため震える寒さでした。でも修道院から見る景色はサイコーに綺麗です。



e0170957_23252294.jpg

ようやく自由時間になり、ツアーから開放されたものの私達に与えられた時間は30分。
修道院から駐車場までの道のりは、お土産屋さんがずらりと並んでいて、まさに清水寺とイメージが重なります。
私達にはお土産には目もくれずに一気に坂を下り、オムレツを作るところを見学に行ったのですが、ランチライムも過ぎてお客さんも少なくすっかり片付けられていたのでした・・・。
実質4時間くらいの滞在の後、また4時間かけてパリへと戻ったのでした。



人気ブログランキングへ ポチッと応援お願いします。


[PR]
by yoshinumay | 2008-11-25 03:16 | 旅のはなし | Comments(0)
<< フランス&ベルギーの旅(ブリュ... フランス&ベルギーの旅(パリ) >>


私が出会ったおいしいものたちを 紹介します
by yoshinumay
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31