松山&高松の旅 ~高松~
e0170957_9553060.jpg

さて四国旅行2日目は、私の希望により、讃岐うどんが食べたいということで、高松へ行くことに。

前日は、締め切りがあるにもかかわらず、仕事用のノートを開いたまま寝てしまい、朝早くから起きる羽目になりましたが・・・。
まあ、讃岐うどんといえば、やはり午前中が勝負。早起きも苦にはなりません。

7時半のスタバのオープンを待って、四国横断のドライブに出発です。
とは言っても、普段車を運転しているわけではないので、楽しむ余裕などなく、150キロ近くの距離をよく運転したな・・・と今更ながら思います。
ガラガラの地方高速も80キロと安全運転というか、迷惑な運転でしたが。

旅行と言えば、事前に計画を練るのが好きなのですが、今回は時間がなくて、ざっとお店の住所を書き留めてきた程度。

そんなわけで、かなりの行き当たりばったりでしたが、まずは1軒目。
本当にお店があるの?という怪しい1本道を抜けると、民家の中に”がもう”を発見!!
すでに、店の外でうどんを食べてる人多数。

駐車場がかなり広いところをみると、週末には相当混雑するのでしょうね。
この日は平日だったので、そんなに待たずに済みました。

茹でているところを見ながら待つことができて、気分も高まります。
讃岐うどんって、網で茹で分けしているそうですが、2軒とも店主のような方が茹で方をやっているところを見ると、この茹で加減が重要なのでしょうね。
タイマーをかけてる様子は無かったので、長年の勘がたよりなのでしょうか?

たしかに、お土産でこちらのうどんを買ってきたのですが、自分でゆでるとなんか違う感じが・・・。
e0170957_1024063.jpg

トッピングはこちらの中から選べます。

e0170957_1025771.jpg

私が注文したのは、うどん(小)とおあげさんで締めて210円!!
セルフであつい出しをかけて、葱をトッピングします。
うどんもさることながら、お出しが美味しかった~。

e0170957_9564970.jpg

続いて向かったのは、”はりや”。
11時オープンなので丁度いいかなと思っていましたが、到着したときにはすでに駐車場が満車。かなりの人気店らしく、お店の中にも行列ができていました。

そして、友人が注文したのは釜揚げ醤油。
うどんがもっちりしていて、生姜がいい仕事をしていました。
なにより生醤油が美味しかったです。
e0170957_957666.jpg

私が注文したのは、いか天うどん。
たいていのお客さんがこちらのざるうどんを注文していますが、かなりのボリューム。
でも揚げたてのいか天も美味しくて、頑張って食べました。
タレが甘めなのが意外でした。

分かってはいましたが、2軒目ですでにお腹が一杯。
みなさん1日に5件くらい回るそうですが、凄いですね。


e0170957_9572818.jpg

次に向かったのは、ノグチイサム庭園美術館。
いつも食べ物中心の旅を友人に付き合ってもらっているので、たまには違った視点で街をみてみるのもいいかなと思っていたら、こちらの美術館を発見。

いまどき往復はがきで申し込みをするというシステムを無事にクリアし(といっても友人におまかせ)、予約完了。

中は撮影禁止なので、写真はありませんが、彼の生き様を聞きながらみる作品は感慨深いものがありました。

e0170957_9575073.jpg

四国最後の食事は、こちらの骨付き鶏です。
なんで、高松で骨付き鶏?って思うのですが、いまひとつ理由が分からず・・・。

とりあえず、有名なので食べてみたいと、これまた私の希望で開店時間16時早々に入店。
せっかくなので、親鳥とひな鳥を1本ずつ、注文して食べ比べをすることに。
スパイスが効いていて、ビールが飲みたいと思ったのは言う間でもありませんが、運転もあることだしここはぐっとこらえて、ノンアルコールビールで我慢しておきました。(涙)

そんなわけで、またまた食い気優先の旅も無事に終了。
帰ってきて早々、またどこかに行きたくなりました~。

友人は仕事がひと段落したのか、一気にブログをアップしていて、すっかり追い抜かれてしまいましたが、よかったらコチラもどうぞ。

人気ブログランキングへ ポチッと応援お願いします。


[PR]
by yoshinumay | 2011-02-14 09:58 | 旅のはなし | Comments(0)
<< お知らせ 松山&高松の旅 ~三津浜&道後~ >>


私が出会ったおいしいものたちを 紹介します
by yoshinumay
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31